73歳の不死身のロッカーRay Daviesの新譜が届いて思う事

d0337302_10441653.jpg
 オレと同じ4月25日生まれの有名人といえば、オリバー・クロムウェルがまず頭に浮かんでくる。他にはルイ9世だよな。(←誰だよ。普通浮かばないぞ) あと、十勝花子とか鳥羽一郎とか、中川(女)でお馴染、親子2代でオンナで躓いた中川俊直とか、超セレブな人達が生まれたのがこの日。

 そんなセレブな日にプレゼント代わりに届いたのが、Sir Raymond Douglas Davies様のニューアルバムAmericana。Sirは6月21日が誕生日だから、もう直ぐ73歳になってしまう。73歳の爺さんがニューアルバムを発表するなんて、洋楽を聴きはじめたオレが10代の頃なんか聞いた事が無い。そんな爺さんの新譜を買うなんて、その頃には思っても見なかったな。
 その頃は40代のロッカーですら、ヨレヨレの中年のおっさんが頑張っているなぁなんて思っていたが、自分がそのヨレヨレの中年のおっさんになってしまうと、そのロッカー達は爺さん、婆さんに。
 子供の時から慣れ親しんだそんな老ロッカー達が未だ現役で頑張っているのを見るのはとても嬉しく思う。

 さて肝心のAmericanaなんだけど、さすがIggy Popの様なイカレタ年寄りでは無いから、冒頭からのんびりと落ち着いた曲が並ぶ。紅茶やウィスキーをちびちびなめながら、午後の暖かな日にまどろみながら聞くととても心地よい歌が並ぶ。ここ最近は激しくうるさい音楽よりも、こんな落ち着いて枯れた音が心地よく感じるようになってしまった。

 おっと、枯れたと書いてしまったが、Rayはちっとも枯れてはいない。音は一見枯れたようなのんびりとした歌が続くが、年相応の最大限のエネルギーを込めて曲を作っている。
 それにしてもSir Ray Davies様、相変わらずのメロディーメーカーぶりは健在。ダチョウの羽毛で喉元をくすぐられるような繊細で甘美なメロディ、曲調・曲展開はさすが。歳を取ってもクオリティーは一切下がりません。年季がはいっているだけあって、あっさり、簡単に作っているように聞こえるけれども、聞けば聞く程実に細かい所までよく作り込まれた素晴らしい作品。まさにブリティッシュロックの至宝。生まれながらのメロディーメイカー。死ぬまでメロディ―メイカー、それがSir Ray Davies様。




 他の老人ロッカーは創作能力が枯渇してしまったようで、それをごまかすのかツアーでは稼いでいるけれども(それにしてもチケット代金の高い事。使い切れないくらいの金持ちのくせに)、孤高のロッカーSir Ray Davies様は今日も健在です。

 今、オレの誕生日に届いたこのRay様のニューアルバムを仕事しながら聞いている。50歳にもなったのに、なんだか爺ちゃんからお小遣いを貰ったような気持ちだ。

[PR]
by kararachan | 2017-04-25 10:51 | 音楽 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://karara.exblog.jp/tb/24119774
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by KTT at 2017-04-25 23:58 x
そうだ、お誕生日おめでとう!
(25日ギリギリw)
Commented by kararachan at 2017-04-26 08:54
どうもありがとう。ほんとだ、残り2分。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 初めて見に行った外タレのライブ... 震え上がって、オシッコがちびり... >>