知床の夏の風物詩、メーメーSTOCK!はここから始まった.... と云われるようになりたい


 6月25日(日)に、メーメーSTOCKというふざけた名前の何でもありの、遅れてきた愛と平和の祭典が行われる。場所は斜里の人里離れた場所にあるパン屋さん・メーメーベーカリーの敷地。こんな場所でパン屋をやっているものだから、パン屋の店主は、人嫌いなの? 人には言えない事情があるの? とか、まるで人目を忍ぶ逃亡犯みたいなことを云われる事があるようだが、店主は朗らかな笑顔のステキな女性です。それはともかくこんな時代だからこそ、ウッドストックリバイバルは必要だ。



 メーメーSTOCK!の主催者は、そのパン屋のお友達。その主催者から、女房たちが何か演奏してちょうだいという依頼を受けて急きょバンドを結成した。オレはギターを担当。当日のステージ衣装は、人間椅子みたいに和装したいなぁ。だが、袴が無い。
 さて、メーメーSTOCK!で我々が歌う歌は、上々颱風版のLet it beと、その他1曲か2曲。他にも7組ほどいろいろなジャンルのバンドが出るようだから、気楽に楽しいショーの幕開けになるような演奏ができたらと思っている。さあ、祭りだ祭りだ!

 今から25年ぐらい前の事だけども、当時の上々颱風は毎年夏に「上々颱風祭」と称して、東京の臨海地区の広間で野外コンサートを開いていた。会場内は焼鳥はもちろんエスニックやらなんやらいろいろな屋台が立ち並び、方々で南京玉すだれや民族楽器の演奏をしている人、バナナのたたき売りなど、何でもありでとても楽しいイベントだった。
 音のほうも、祭りというだけあって、上々颱風をトリに、タイの流行歌手を呼んだり、リンケンバンドのお父さん照屋林助の漫談歌謡があったりととても楽しいステージだったのを覚えている。オレは基本的に沖縄民謡(というか南国音楽は)は好きではないのだが、照屋林助さんのステージは、笑いあり、毒ありで、とっても良かったなぁ。
 最初メーメーSTOCKの話を聞いた時に、オレは真っ先にこの上々颱風祭りを思い出した。




 さて、今回のメーメーSTOCK!は、いったいどんなイベントになるやら。演奏者兼焼鳥売りとしてオレは参加するんだけれども、集まった皆が楽しい思いと、平和を感じられる集会になればいいなぁと思うのだ。知床の夏といえば、メーメー・ストックと云われるぐらいに長く続くイベントになれば面白いぞ。さらに真冬には、寒ソニック(サムソニック)があればステキだと思うのだが....。出演者がオレだけ。観客はゼロ、のまさに寒ーいソニックになりそうだ。

[PR]
by kararachan | 2017-05-31 17:20 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://karara.exblog.jp/tb/24299437
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< Robert Fripp先生と... 初めて体験したヘビメタのライブ... >>