良い音楽家は音楽に陶酔するが、良くない音楽家は自分に陶酔する

d0337302_23241144.jpg
 最近ちょっとしたスピリチュアルな体験を(別に神を感じたとか、聖霊に会ったとか云うわけでもないが、日本語でこれを表す適当な言葉がないのでスピリチュアルな体験と書く。Curtis Mayfieldについて書いたこの投稿を参照してくれ)したもので、ちょっとスピリチュアルづいている。今回もちょっとスピリチュアルな内容なんだけども、興味のない人は読み飛ばしてくれ。

 先日友達たちが企画主催したメーメーストックと云う愛と平和の音楽イベントに出演した。場所は斜里町郊外の山の中にぽつりと一軒存在する、メーメーベーカリー。このパン屋は離農したたぶん築60年以上のエライ古い家を改築して薪窯を作ってパンを焼いて売っている。そんなパン屋の中庭と言うか、店前のあいた土地でライブと出店をやると言うのが今回のメーメーストック。

d0337302_23272723.jpg
ほんの一時だけ雨が上がり、蚊に刺されながらも屋外で演奏する事の出来た遊君。

 残念ながら当日は朝からシトシト雨が降り、出店は全て店内、ライブも店主の居住スペースをステージにして行うことになった。
 出演者は全部で8組。フォルクローレから始まり、ヒーリングミュージック、詩の朗読、ギター一本で熱唱など、各自が思い思いのパフォーマンスを繰り広げた。
 オレも女房の友達達と、ノーザンライツというバンド名でギタリストとして(音程の外れたギターで、ノイズ担当と云った方が良いかもw)出演。ゴダイゴのBeautiful nameと上々颱風バージョンのLet it beのカバーを演奏した。狭いステージゆえ、オレはギターアンプに座りながら演奏したんだけども、自分の音があまり聞こえず、勢いだけの演奏になってしまった。精いっぱいの演奏だったので、反省はするけれども、悔いは無い。
d0337302_23304045.jpg
本業は鍼灸師のひとりゆげさん。不思議なヒーリング楽器を演奏してくれた。
d0337302_23342119.jpg
カリンバの親戚のアフリカの楽器を演奏するナンシーちゃんの後ろ姿。後ろにいる犬はナンシーちゃんの相棒・会場沸かせ役(ピエール瀧役w)のアスペル君。


 そして圧巻はなんといっても、トリの「ねむねむの木」さん。キャンピングカーで全国を放浪し、つい先日北海道の標茶町に腰を落ち着けた男女2人組のユニット。ヴォーカルのシロちゃんが、旦那の弾くアコースティックギターの演奏で歌い出すとその場がさーっと一変した。いつものメーメーベーカリーの室内が、神聖なる気で充ち満ちるのが判る。二人とも前髪を眉毛の上5cmで切りそろえられ、まるで伝説巨人イデオンのバッフクラン星人のようだ。愛と平和と言うのがこのイベントのキーワードだったんだけども、そのキーワードをまさに体現する2人の演奏だった。北海道の東部に居を定めつつも、これからも全国を歌って廻るそうなので、「ねむねむの木」と云う名前を見かけたなら是非聞きに行って欲しい。


d0337302_23325103.jpg

youtubeで見つけた、ねむねむの木さんの演奏

 このメーメーストックでオレにとって印象深い出来事が有った。うちらの演奏が終わり楽器を片づけようとしていた時に、ナマズみたいな顔をした爺さんが、「ちょっと私にピアノを弾いて欲しいと言われたものだから」と言い訳しつつみんなの前にしゃしゃり出てきた。そしてキーボードの前に座ると、ただ鍵盤を叩きつけるだけの粗雑な演奏でジャズのスタンダードを弾き始めた。そのキーボードはうちらの備品で、もちろん弾かせてと言われれば心地よく「良いよ」と云ったろう。だが、その爺さんはなんの断りも無く、当然のようなナマズ顔で、頼まれてもいないのに、乱雑な演奏を初めた。そして観客のお義理の拍手に酔いしれていた。

 オレとしてはかなりムッとする出来事だったんだけれども、ねむねむの木さんの演奏を聴いた後になって、このナマズ爺の演奏の意味が胸に湧いて出てきた。
 この日出演した人たちは、もちろんうちらのバンドも含めて、皆真摯に音楽に向きあい、心を込めて演奏した。自分たちの作り出す音に酔いしれていたと言っても良い。音楽は神様に捧げる神聖な調和、宇宙につながる調和。演奏すると言う事は有る意味神事だと言っても良い。ところがこのナマズ爺の演奏は、自分にしか向かっていない。自己陶酔だけの演奏。そこには観客も、音楽の神様も無く、どうだオレはこんなことも出来るのだぞと言ういやらしい自己顕示欲だけがそこに有った。音楽に陶酔しても、自分に陶酔してはいけない。なぜなら全て音楽は、聖なるものに捧げる神事なのだから。
 オレはこんな事を、このなまず爺のまずい演奏を聴く事によって、気がつく事が出来た。ねむねむの木さんの神事。そしてナマズ爺の珍事。この対照的な2つの演奏によって、音楽の深遠をのぞき見た気がする。
 そんな訳で、ナマズ爺の演奏もけっして無駄な時間では無かったと言うことだ。聖なる精神は人間に思いもつかない、トリッキーな事をして、何かを伝えようとする。

 メーメーストックが終わった次の日。女房の言葉。「オコンコロや遊君は南米、ひとりゆげさんは北米(楽器が)、ナンシーちゃんはアフリカ、ねむねむの木さんは日本やアジア。うちらのバンドも日本やアジアだけど、Let it beはもともとイギリス。と言った訳で、地球の各地域を象徴するグループがここに集まって、平和と愛を歌ったんだね。」と。そんな訳で、音楽はつくづく神事なんだなぁと心底納得した一日だった。

[PR]
by kararachan | 2017-07-03 23:47 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://karara.exblog.jp/tb/24712160
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 夏の終わりの雨、バンド終焉の雨... Robert Fripp先生と... >>