一年で一番嫌いな季節が到来!

一年で一番嫌いな季節が、8月後半の10日間程の期間。気持ち的には8月だからまだ夏だと思いたいのに、実際は朝晩はもう寒いくらいでストーブを付けたくなるそんな季節。夏だと思いたいのに夏じゃない、そう夏なんか終わってしまって、実際にはもう秋なんだという現実を受け入れたくない、そんな心の葛藤の季節が今。夏が終わってしまったなんて認めたくないのだ。だからオレはこの時期がとても嫌いだ。9月になってしまえば、もうそんな無駄な抵抗も無くなり、素直に、今はもう秋〜だと云う事を受け入れてしまうのだが。現実歪曲の8月後半、諦めの境地の9月。きっと子供の時の思いが未だに生きているんだろう。

 子供の時は夏と云えば、とにかく日が暮れるまで外で遊んでいた。日が暮れる頃にようやく家に帰ると、「こんな遅くまでどこをほっつき歩いてたんだ!」と今はなき母親に良く怒られたものだ。腕時計なんか持っていない子供だから今が何時なんか判る訳がない。だから夕暮れが帰宅する時間。ということで夏至の頃は夜の7時半近くまで遊んでいたのだ。知床は日本の東の外れだから、夏至の頃は朝の3時にはもう昼間になって、夜の7時半でもまだ明るい。千葉生まれの女房は、こちらに来てその事を知って、えらく驚いていた。時間帯が違うと。その分、冬は早く夜がやって来るし、朝だって遅くやって来る。

 今年もそんな一年で一番嫌いな季節が巡ってきてしまった。残念な事に今年はこの知床に夏はやって来ず。7月に入ってちょっと暑い日が数日続いたと思ったら、半ばから涼しい日ばかり。きっと8月になったらいつものように暑い日が来るに違いない(といって25度を少し上回る程度なんだけど)と期待していた。その8月になってもそんな日が来ないから、きっとお盆になったらそんな夏が来るに違いないと信じていたら、やっぱりそんな日は来なかった。8月の10日前後から吹き続けている風はきっと、颱風の影響だよね、そうだよねと自分で言い聞かせているものの、心の片隅ではこれはもう秋の風なんだとつぶやいている。ああ、空がなんて高いんだろう。

 話は変わって、今年の夏から始まったインドのダージリン地方のゼネストは今も続いていると云う。オレが大好きなダージリン茶、中でもマカイバリ茶園で作られる紅茶が大のお気に入りなのだが、今年はゼネストの影響で紅茶の生産が全面的にストップしている。紅茶を作っても出荷が出来無い。それどころか、茶園主が自分の茶園に立ち入る事すら出来無いそうで、茶園では茶摘みもできないそうだ。茶摘みがされていない茶園は今ジャングル状態になっていると云う。ダージリンは秋にはオータムナルと云われる、熟成した深い味わいの秋摘み茶の時期になるんだけど、今年は楽しむ事は出来無いんだろうな。戦争、紛争、争いごとは嫌だな。煙の立つ所には必ず紛争をあおって金もうけをする奴がひっそりと陰に隠れている。民主化や自立を声高に唱える奴に誰が金と武器を渡しているんだか。ソロス。

[PR]
by kararachan | 2017-08-20 00:14 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://karara.exblog.jp/tb/25381981
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ラーラー♪ラスプーチン! Message in a bo... >>