ヤングな村人達は本物のゲイ ビレッジ・ピープル

d0337302_15415048.jpg
 好きな音楽や文学などだけについて書いていたこのブログ。実はこっそりと微妙に路線を変更している。当時は好きでも今はそうでもないアーティストも取り上げて、自分の思い出の音楽やら小説について書くブログに変遷している。まあ、たいした違いはないが。

 さて、King Crimsonがどうだのこうだの、Joy Divisionがああだの言っていても、そういう音楽を聴く前はって言うと、ディスコモノが大好きだった。大きな声で言えないけど、否定出来ないオレの歴史って奴だよ。いまじゃ大人しそうな薄らハゲのおじさんも、実は中学時代はボンタンリーゼントだった、みたいな話だね。ね、豊ちゃん!(オレは覚えているぞ。ボンタンを極限まで左右に広げて廊下を闊歩していたその姿を。ああ、恥ずかしい)。まあ人はそういう段階を経て、ああいう小難しい音楽まで好きになったのさ。

 そんな子供の時に一番好きだったのは、なんといってもビレッジ・ピープル。ビレッジ・ピープルといえばY.M.C.A。何度も飽きずによく聴いたねぇ。何が良いって、あのすがすがしいほどの何も考えていなさそうな馬鹿能天気さだな。ビートに乗ってYMCAって歌っていれば、日頃の多少の嫌な事なんかみんな忘れてしまいそうになる。

 たかが洋楽ポップス曲なんだけど、子供にとってはこれが世界への入り口になっていて、男が男を好きになるなんて人が居るって事を知ったのもこのグループのおかげ。まだ赤ん坊を作る方法を知る前に、ゲイという人達がいるという事を学んだわけだな。田舎の子供は洋楽で自分の視界を広げた訳だよ。


 YMCAは1978のヒット曲だけど、翌年西城秀樹が歌番組で日本語にして歌っているのを見て、おっ、かっこいいねーと驚いた事がある。前年の洋楽ヒット曲をたまたま歌っただけかと思ったら、それが秀樹の新曲だというから更に驚いた。洋楽に日本語歌詞を付けて歌っても良いんだ! これがカバー曲との最初の遭遇である。
 ビレッジ・ピープルとしては続いてIn the NAVYがまたまた大ヒットして、オレもノリノリのノリスケさんだったのだが、これまたピンクレディーとか渋谷哲平がカバーして、それをTVで見たオレはずっこけたね。ピンクレディーはここまでやればあっぱれだから何も言えないが、渋谷哲平は見ていて気の毒だった。お茶だって2煎目までだ。
in the NAVY / ビレッジ・ピープル

 YMCA、 In the NAVYとヒットすると、当然以前の曲はどんなだろうと気になるのがオレ。当時、田舎のレコード屋でも在庫は豊富で、そんな時にはレコード棚を探ると現物がそこにあって、ろくに情報の入ってこない田舎ではそれがまた貴重な情報源だった。YMCAの前にはマッチョマンがちょっと流行っていた。マッチョマン、子供が喜ぶ語感だよな。そして見つけたのがデビューシングル。これが結構良い曲。

 その後、1990年代にPetshop Boysがカバーして大ヒットした、Go Westなど数々のヒット曲に恵まれるんだけど、この辺りからオレの嗜好はロックに急速に傾倒してくるんだなぁ。だって、やっぱりね。もうちょっと大人の世界を覗きたい訳だよ。

 ティーンエイジャ―の頃にはこういったポップスなんかは全く聴かなくなり、ロックの時代にオレは突入する。そんなディスコモノのレコードもみんな処分しちゃった。だけどもおじさんになると、じわじわと懐かしがってこういうものが聴きたくなるんだな。そう、子供のころに親が大晦日に、懐かしのメロディーなんかを泪を流して見ていたように。
 そんな訳で、オレの残業中のBGMの一つにビレッジ・ピープルがある。早く帰りたいよー、もうこれ以上仕事したくないよー、なんて云う時に彼らの歌を聴くと、無駄に元気が出てきて残りの仕事をとっとと片付けたくなるのは音楽の魔法だね。

 今の時代、幅広い世代で共有されているヒット曲なんてあるんだろうか? 幅広い世代どころか、クラスメートの間でも共有されているヒット曲なんてあるんだろうか? 好き嫌いはともかく、80年代ぐらいまでは幅広い世代で共有されているヒット曲が沢山あった。その曲を聴くとあの時代を思い出すなんて言う曲が。
 子供から青春時代にかけて、そんな歌を沢山持って育ってきた、オレみたいな世代はとても幸せな時代を過ごしてきたんだだなぁとつくづく思うのであった。

[PR]
by kararachan | 2017-08-23 16:04 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://karara.exblog.jp/tb/25413609
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< U.K Danger money サンタマリ〜〜〜ア! 何故か忘... >>