そうよみんな、星になってしまえ

 今日は会社が終わった後そのまま隣町の病院へ足を運んだ。そこにはオレの会社の社長が長らく入院しているのだ。オレの社長は7年前に脳梗塞で倒れ、それからずっと病院と介護施設の間を行ったり来たりしていた。2年ほど前からは人工透析を受けるようになり、それからは病院の介護病棟に入院しっぱなしだ。

 先週の末に病院から社長の容体が急変したと云う知らせが入る。血糖値は上がらず、肺も真っ白。今朝入った連絡は、さらに溶体が悪化、何時お迎えが来てももおかしくない状態だと云う。

 社長は脳の言語中枢がやられているため、見舞いに行ってもまともに話が出来無い。だから会っても間が持たなく、それが嫌でそれまでなかなか足が向かなかった。
 そんな事もあり、病院、介護施設には1年に1回弱ほどしか見舞いには行っていなかった。今回会うのもほぼ1年ぶりだ。
 病室にはすでに他の社員も集まっていた。ベッドに伏せる社長は、空いたままの口で浅く呼吸をしている。もう十分な酸素が自分では取りこめないため、その口には酸素マスクが付けられていた。右目は閉じられていたが、左目は薄く空いているのだが、どんよりとした鈍い光がわずかに灯るだけ。時折目を開き、目だけで左右を見回す。その時だけ目に何らかの意識が感じられるが、それも極わずか数分間だけの事。後は目を閉じているか、死んだような半目が空いているだけだ。もう、呼びかけても、とくにこれと云った反応が見られない。

 でっぷりと太りいつも元気で、飲み会になると信じられないほどの量の酒を飲んでいた社長は、もうそこには居ない。54歳で倒れたので、もう61歳になるのだが、そのベッドに横たわるのはもう何年間も寝たきり状態の80歳以上の老人にしか見えない。脳梗塞、糖尿病、腎臓病、人工透析。結局の所社長は一度も良くなる事なく、徐々に衰えて、今まさに死のうとしている。普通ならこんな時には家族や親族が付きっきりで看護しているのだろうが、社長の両親はとうに亡くなっていて、本人は一度も結婚した事がない。弟夫婦は内地にいる。天涯孤独の身に限りなく近い存在だ。だから今日明日が山だと云われても、社長の周りにやってきてくれるのはわずか5名ほどの社員だけ。

 もう間違いなく必ず数日中に訪れる臨終の時も、親族よりも社員の方が多いだろう。通夜、骨拾いも社員が親族同然にやってあげないと、誰もいない寂しい葬式になってしまうかもしれない。友達は多い人だったのだが....。

 オレはこの会社に入って今年でちょうど20年。社長とは永いつきあいで、ずいぶん酒をおごってもらったものだ。だがこのような別れになるとは。

 今まさに、夜の静寂を破り、リンリンと、ご臨終を知らせる電話が鳴ろうとしているのかもしれない。

[PR]
by kararachan | 2017-09-27 23:22 | forward | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://karara.exblog.jp/tb/25744391
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by KTT at 2017-09-28 17:05 x
54歳からかぁ…(TT。会社の上下関係&せちがらい世の中で、社員が5人も来てくれるって多いと思うよ。しっかりお見送りしてあげてね。
Commented by kararachan at 2017-09-29 01:43
お、珍しくコメントがついていると思ったら、ねーさんではありませんか。FBで投稿した旨告知しないと、ホントに誰も見に来ないこのブログにご来場頂きありがとうございます。ちなみに社長の名字は「星」。今回の投稿は、社長の名前にかけたものでした。ありがとう。今晩はお通夜です。社長の人柄を反映して、ちっともしんみりしないお通夜になりそうです。
Commented by KTT at 2017-09-29 13:21 x
実はFB関係なくコメントつけなくてもこっそり覗きにきてるのよ(笑。
しんみりしないお通夜、いいね^^
豪快そうなイメージの社長ご本人もそれを望んでいるに違いない。
入院中の7年かけて少しずつ皆とお別れしたんだろうな。
Commented by kararachan at 2017-09-30 09:52
お通夜の席で、住職の話で笑が起きる。曰く、ゴチャゴチャの玄関で、家に入るのに苦労する。家の中はものが散乱していて、月参りに来ても仏壇に到達するまで一苦労。TVの横にはいかがわしいビデオが山積みに等々。社長のユカイな性格を彷彿させるエピソードの一端が披露されましたです。未だ若くして死んだのに、こんなにほのぼのとした通夜というのも初めてだ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 家族企業 AXIA~かなしいことり~ >>