フィリップ・K・ディックの処女作「市に虎声あらん」はフィル版のライ麦畑でつかまえてか?

d0337302_23135413.jpg
 たまに思い出したようにamazonでフィリップ・K・ディックの名前で検索をかけてみる。そうすると時たま新作(死んでもう40年近く経つのに新作とは!)や新訳がヒットする時がある(20年以上前に東京創元文庫で出版されていたものが、ハヤカワから別の訳者が翻訳したもので出版し直されている)。子供の時のように頻繁に書店には行かなくなったので、書籍の情報を得るにはamazonが便利なのだが、読書階級の人間としてはなんだか失格の烙印を押されたようでなんだか悲しい。が、近所の書店じゃ売れスジしか置いていないし、注文しても1ヶ月も待たされた揚げ句に入荷しませんじゃ(書店衰退の一番の原因は「取次」なんだけどね)、ますます書店離れしちゃうのはしょうがないよね。

 そんなんで「市に虎声あらん」というこれまで聞いた事の無い書名がある日フィルの作品の中に登場した。なんとこれはフィルの幻の処女作だという。それが死後40年近くも経ってから初刊行されるとは。その本をつい先日読み終わった。
 物語としては1950年代のアメリカが舞台で、社会に不満を抱くTV販売店のマネージャーが主人公の主流小説。黒人カルト教祖が出てきたり、その教祖と白人女が同棲していたり、そのカルト教祖の情婦をレイプしたあげく理由も無くボコボコに暴力振るうなど、当時としてはかなり過激な描写なんだそうだ。

 簡単に話しをまとめるなら、社会に憤りを持った主人公が、雇い主(古くさい言い方をするなら資本家)に反抗し、そのあげく大けがをして片目を失うものの、その犠牲により安らぎを得たような得てないようなみたいな話。黒人カルト教祖、情婦、TV屋のオーナー、カルト教祖の情婦に対する暴行、主人公の無意味な彷徨と受難と、物語の中に色々なキーワードがあり、フィルがそれらになんらかの意味を持たせているのがわかるのだが、なんせ若気の至りなのか、描写が稚拙で何故主人公がそのような振舞いをしたのかがうまく伝わってこない。書評を読んでみると、ディックの重要な作品なのはわかるが、なんだか褒めないと馬鹿にされると思っているのか、変な嘘寒々しい高評価ばかり。山形浩生も後書きで絶賛しているが、そうかな? とオレは首をひねる。

 そうオレが思うのも、この書籍の一番の問題は翻訳家の資質につきると思う。阿部重夫さんというこの翻訳家だが、Factaの編集長と云えば判る人もいると思う。Factaは元「選択」の編集者がそこを飛び出して作った雑誌。「選択」って、あの高級版噂の真相。今でもたぶんゴミ売新聞に月に一度、「3万人の読者のための雑誌」をキャッチコピーに、定期講読の広告を掲載しているんじゃないかな。そんな文学には縁のない人が、翻訳したからなのか、無意味な漢文調の古くさい言葉遣いでフィルの文章を日本語に置き換えている。その翻訳が文章を読み進める上での最大の障害で、話の流れを滞らせて、物語をよりつまらなくさせている。

 そりゃあ日経新聞の記者から始まった物書き人生とは云え文学少年・青年だったのだろうこの翻訳者は。だけども、自分の知識・教養を、この様な翻訳に注ぎ込むべきでは無いとオレは思うね。文章からは自己顕示欲ばかりプンプン臭って、ちっとも本が面白くない。1950年代に書かれたから、こんな古くさい言い回しをあえて使ったのだろうか? 1950年代は明治時代じゃないぞ。翻訳の文体は作品の内容を反映して、その雰囲気を伝えてこそ価値があるとオレは思う。50年代の青春小説を、三国志でも語るみたいな固い語調を使う事の意味がオレには理解出来ない。訳者の趣味で漢文やらエラク古くさい言葉遣いをわざと使いたくてこの様な翻訳にしたのだろうと思うのだが、それは単なる自分の知識の自慢ひけらかしに過ぎなく、この作品の内容に全くふさわしくない。そのせいで物語のテンポ、登場人物の心の情動の動きがまったく伝わってこない。例えるなら上流階級の舞踏会に柔道着を着た男が出てきて乱取りを始めるような不自然さ。およびでない? こりゃまた失礼しました、だ。
 サリンジャーのライ麦畑で捕まえては同時代の小説だが、訳者はそんな言い回しをしているか? 野崎孝さんの翻訳は、今で非常にみずみずしくて、そんな黴の生えた言い回しなんかしていないぞ。野崎孝さん訳は村上春樹の無味乾燥したモノよりもずっと鮮烈で、みずみずしい。

 まあ、あれこれ翻訳に対する疑問を書いて見たのだが、たぶんこんなブログなんか阿部重夫さん本人の目に触れる事は無いだろう。この翻訳に物凄い違和感を感じたのでその事だけは書き残しておきたいと思って、この文章を書いて見た。阿部重夫さん本人は、ひょっとするとお会いして話をすれば一瞬で意気投合するくらいの人だったりするかも知れないが(というのも、フィルの作品を翻訳するというのはきっとファンだと思う)、何故この様な翻訳にしてしまったのか、何故この様な文体を選んだのか、本人の解説を聞いて見たい気はする。やはりもち屋はもち屋で、早川や東京創文などから、然るべき翻訳者を使って出版すべきなのではと思う(この本は平凡社)。平凡社という本来フィルの作品なんか扱わない出版社から出したのもそもそもの間違いなのかも知れない。2600円という高額な価格にしてはしょぼい装丁。この小説が翻訳された経緯も聞いて見たいものだ。

 さて、あれこれ愚痴はこれまでにして、オレなりにこの作品を総括するなら、これってフィリップ・K・ディック版のライ麦畑で捕まえて、なんじゃないかな、っていうのが読後の一番の感想。個人を抑圧する社会に対する、言葉にできないもどかしさ、いらだち、それを主人公が自己を犠牲にしてまでも抗議するといった大きな話の流れが共通している。
 それとつい最近気がついたのだが、フィルとサリンジャーになんらかのつながりがあるんじゃないかな。その一つはこの「市に虎声あらん」(それにしてもこの題名、なんとかならんのかな。原題はVoice from the street。明治時代の三国志の翻訳かよ、まったく....)。この作品が書かれたのは1951年で、ライ麦畑でつかまえてが出版されたのは1952年。たった1年のタイムラグなので、サリンジャーの影響云々は言い過ぎだとはおもうのだが、抑圧的な社会にいらだつ若者の抵抗と受難という云う大枠が非常に似通っている。

 また1962年に出版された「高い城の男」の高い城の男ことホーソンは実際には高い城には住んでいなかったのだけれど、J・D・サリンジャーは高い塀で囲まれた邸宅(高い城と云うには大げさだが、世間から隔絶された雰囲気)に住んでいたという。ただ単にサリンジャーのイメージをホーソンに借用しただけなのか、これまで読んできたフィルのインタビューや、評論にはサリンジャーとの関わりなんて話は一言も書いていないので、たぶんオレの思い過ごしだとは思うのだが、なんか気になる。こんな事を書くと超フィリップ・K・ディックマニアから、お前そんな事も知らないのかと馬鹿にされそうだが、このちょっとした思いつきを残しておこうと思う。

 それはともかく、フィリップ・D・ディックという作家は主流小説では全く成功せずにその人生を閉じた。オレもこれまで5冊程度の彼の主流小説も読んでいるのだが、正直言ってどれもこれもツマラナイ。売れなくて当然だとおもう。悪いけど。だからこの「市に虎声あらん」も、出版されるまでにこんなに長い年月が必要とされたわけだ。わかるけど。

[PR]
by kararachan | 2017-10-10 23:14 | 書籍 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://karara.exblog.jp/tb/25843931
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< つくづく、歳を取ると緩むなぁと... 天上の声の持ち主戸田恵子さん >>