何故田舎のレコード屋でプログレバンドのアルバムが充実していたのか?

d0337302_11041439.jpg
 斜里には1軒だけレコード屋さんが有って、それは尾張屋時計楽器店と云うんだけれども、子供の時からそレコードはそのお店で買っていた。中学1年の時にNHKの地元局の番組でKing Crimsonの歌を聴いた事が発端で、オレはプログレッシブロックの世界に迷い込んでしまった。もちろんそんなバンドのレコードがこんな田舎のレコード屋に売っていなければ、今のオレがなかったのかもしれない。
d0337302_23184847.jpg
 この年になっていろいろ過去を回想してみると、その当時は当たり前だと思っていた事が、ちょっと何かおかしいぞと気がつく事が有る。田舎のレコード屋さん、尾張屋さん。King Crimsonのコーナだけが充実していた訳じゃない、Pink Floydだって常時10枚以上はアルバムがおいてあった。Pink Floydはデビュー当時はサイケデリック・ロックだったんだけれども、その1stアルバムだって、尾張屋さんにはおいてあったのだ。E,L&P、Genesis、Moody Blues、Yes、Rick Wakemanの何とか王と8人の妻だったか何だかとか云うアルバムも店のレコードラックには置いてあったなぁ。Genesisといっても、Phil Collinsの時代じゃなく、Peter Gabrielがへんてこなカッコをしている時代のものが置いてあったのだよ。


 そんな事極当たり前だと思っていたけれども、今よくよく考えてみると、かなり異常。当時の人口1万6千人弱の街に、そんなにプログレファンなるものが居るのだろうか? そりゃあ、今と違って洋楽リスナーは遥かに多かったろうが、にしてもプログレとなると、洋楽ファンに占める比率は多い訳がない。実際、オレが中学生の頃にはそんなバンドを聞く同級生なんか1人もいなかった。なんなんだこれは? 高校生になり網走に汽車で通学するようになると、暇な時間はもちろんレコード屋で時間を過ごすようになる。その中でも高間楽器と云う今は無いレコード屋さんが一番好きだったのだけれど、プログレだけで云うと尾張屋さんとそう変わらない品揃えだった。プログレなんてマイナーなジャンルで、レコードだなの隅でおとなしくしているのが普通なのだ。当時は(80年代半ば)ハードロック、ヘビーメタルが大きな顔をしているのが当たり前だったのだ。なのに尾張屋さんでは、プログレがかなりの幅をきかせていた。

 そんな訳で、なぜ斜里みたいな辺境の地のレコード屋さんでこんなにもプログレが充実していたのかがとても謎だった。当時の尾張屋さんの社長は20年位前に無くなっている。今はその息子が社長を継いでいるが、つい先日オレの会社の社長の葬儀の時にちょうどその社長と顔を合わせたので、その事について聞いてみた。てっきり先代社長がプログレ好きだったのではと思って質問したのだが、意外な答えが返ってきた。

「今と違って、当時はレコードの仕入れって、セールスの人(問屋さんだよねきっと)の勧めるままに在庫を決めていたんだよ」と。「だから、セールスの人の趣味がとても反映されていて、きっとそのセールスの人がプログレが好きだったから、そういう事になっていたんじゃないかなぁ。」
d0337302_23232960.jpg
 なんとも、真実とはチンケなものなのだろう。ディスコモノなんかが大好きだった田舎の少年が、こんなにもどっぷりとプログレ好きになってしまったその原因は、単にセールスマンの音楽趣味がプログレに片寄っていたからだったとは。いったいそのセールスの人がどういう人なのか解らないが、音楽趣味の同調率が90%は超えるだろう(笑)。

[PR]
by kararachan | 2017-10-22 23:25 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://karara.exblog.jp/tb/25964175
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 自分との対話 つくづく、歳を取ると緩むなぁと... >>