自分との対話

d0337302_21452202.jpg
 2年前に開設したこのブログだが、当初数件の投稿をしただけでその後はずっと開店休業中だった。それなのに今年の2月になってから何故か頻繁に投稿を繰り返し、気がつけばもう120を超える記事を書いている。
 自分でもなんでそんなに書く気が湧いたのかさっぱり判らなかったが、何かにとり憑かれたように書き続けてきた。

 もともとオレは人と会ったりするのが苦手なたちで、一番好きな時間は1人でいるときだったりする。でも、引き篭もりのネトウヨじゃないから、平均よりは劣るだろうがそれなりに社交性もあったりする。でも最近はほんと人と会うのがしんどくて、とくに休日なんか、可能な限り人には会わないように、特に知っている人になんか会わないようにしている。まあ、会社には普通通りに仕事しているんだけども、それは別の人格を演じているようなものだな。犬のカーシャと散歩をしていて、前から人が、しかも知っている人なんか歩いてこようものなら、急に横道に入って会うのを避けるくらいだ。

 今年になって身近な人や、長年敬愛する人が続けて亡くなって、かなり鬱になっているようだ。自分ではそうとは気づいていなかったが。
 1月にJohn Wettonさんが亡くなった。彼はオレの最大のロックヒーロー。14歳の時に彼の声を初めて聞いてから、未だに聞き続けているミュージシャンの1人。愛聴とはまさに彼の声にこそ相応しい言葉だ。
 3月には10歳からの友達が心不全で突然亡くなった。亡くなる1週間ほど前にはメール交換したばっかりだったのに。
 9月には会社の社長が亡くなった。脳梗塞で倒れて7年。結局の所最後までまともな社会生活を送れるほど回復する事がなかった。

 そんな事がじわじわとボディーブローのように、効いているんだろう。人と会うのがつくづく嫌になった。休みの日は誰にも会わず、1人庭でただひたすら薪割りに集中しているのが心地良い。

 さて、なんで今年になって長らく休眠状態のこのブログを頻繁に更新するようになったかと云うと、それは自分との対話なんじゃないかなと気がついた。今年はオレにとって今までの人生で一番忘れられない歳になってしまった。このブログのテーマは自分の好きなものについて書く。だが実際には、好きな音楽や文学等々を口実に、そんな自分の心と対話している話が多い。自分の中の自分との会話がこのブログの投稿なのだ。

 こんな内容のブログだと云うのに、ごく数人毎日このブログを覗きにに来てくれる友達が居るのが嬉しい。

[PR]
by kararachan | 2017-10-29 21:46 | forward | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://karara.exblog.jp/tb/26022847
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 紅茶の日にちなんで 何故田舎のレコード屋でプログレ... >>