印刷屋は年末が書き入れ時

d0337302_10440439.jpg

 気がつけば今年も、もう残り1ヶ月半になってしまった。のんびりとしていたら、気がつけば毎日残業しなければ仕事が貯まる一方。何で忙しいのかと思えば、そりゃああなた、もう年末モードですよ。
 そんな訳で、このブログは更新が滞っておりますです。書きたい事も沢山あるのだが、いや書きかけのだって原稿用紙換算で20枚程にもなるのだが(思いついた事をちゃちゃちゃと書いた原形、しかも複数のテーマを平行して書いてしまうくせがある)、それらをちっとも完成形に持って行けない。

 年賀状印刷しますよ! のチラシをつい先日新聞折り込みしたのだが、反応はさっぱり。まだ10件程しか仕事が来ていない。年々受注が落ちてきているのと、もともと11月は申込が少ないんだよね。年賀状担当者としては、ちょっと焦る。今年の冬のボーナスが出るかでないかは、年賀状の受注数に影響されるのだ。

 とはいっても、それ以外の仕事が多くやって来て、しかもこの忙しくなってきた時に女房は千葉に帰省。空港への送り迎え、家事で時間が取られる。まあ、それは仕方ないんだけどね。年末だねぇと諦めモード。
 まあ、仕事が忙しいのは、それだけ稼げる訳で、残業がなければ高校生のアルバイト代みたいな給料になってしまうので、女房1人に犬1匹の家を支える爪楊枝みたいに細い大黒柱としては、ここぞと頑張って働いているのだ。

 こんな時だからこそ、自分へのご褒美としてマカイバリ茶園の紅茶・2018年もののオータムナルを買ってしまいたいところだが、とても賢い首相の経済政策が功を奏して大企業の決算以外は不況のど真ん中美しい国・ニッポン。そんな贅沢は今月はグッと我慢なのだ。株価が上がって儲けたもうけたと言っている人は、手仕舞いしてこそ初めて儲けたになるのだ。そんな人に限って、ちょっと株価が下ると売れなくなり、結局のところずいぶん値が下ってから売却。だから儲け損なう。そして株価が高い時に良い気になって、高い買い物をしていて、後から苦しむ訳だよ。
 そんな訳で、ご褒美は給料が出てから。
来月までオレの分は残っているのかちょっと心配。

[PR]
by kararachan | 2017-11-16 10:45 | forward | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://karara.exblog.jp/tb/26147429
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 竹原ピストルが紅白出場だって! 愛は心の仕事です! 真のロッカ... >>