オレは如何にして心配するのを止めて万年筆を愛するようになったか

d0337302_11012019.jpg
上の写真はオレの愛用万年筆。上からParker 45、Parker Arrow、Caran d'AcheのRetro

オレは文学少年だったんで、と言っても間違いじゃないだろう(SF少年でもあったが)。そんな文学作家のエッセイを読んでいると、殆どの作家が万年筆で作品を執筆している事が分かる。ほんの子どもなもんで、そんな単純な理由で万年筆が欲しくてしょうがなくなり、中学入学の年に1本万年筆を手に入れた。それはParker45と言う量産型の万年筆で、オヤジの会社の社長からのお下がりだった。
 Parker 45は軽量で細身の深緑のボディーに、ちょこんと先だけ出たペン先が特徴の万年筆。この万年筆は今でも現役で使っている。万年筆は使わないと、すぐにインクが乾いて書けなくなるので、といって死蔵にしておくのももったいないので、会社のデスクの上に置いておいて、メモなどを書く時などに使用している。

d0337302_11013502.jpg
ペン先に特徴があるParker 45

 その後大学入学時に親に入学祝い代わりに買ってもらったのが、Parker Arrowの80年代モデル。これまた細身で、ペン先がParker45の流れをくむ小さなペン先。黒のボディーに、金のパーツ。ペン先は22Kかな。ちょっと高級感があるけれども、当時1万円だったと思う。大学時代はこれだけを使っていた。軸の質感とかオレの手にしっくりと合ってしまって、もうオレの指の延長のようなペンになってしまった。
 ただ、一つ不満が、ちょっと太字だと言う事。それと何かゴミのようなものをペン先の割れ目に挟めてしまったようで、それ以降微妙に書いている時にペン先が紙に引っかかる感じがする。それがちょっと使っていて気になる所だった。

 それから月日が流れて、パソコンの時代になり、万年筆なんか全く使わない日々が続いた。時たま取り出してインクを入れて、ちょっとしたメモ書きなんかに使ったりしていた。そんな程度の使用だと、すぐにインクが乾いて書けなくなってしまう。その度に掃除。そのうち面倒になって再び又机の引き出しの中に安置、なんてことを繰り返していた。

 で10年ぐらい前に又、万年筆が使いたくなって、Parker Arrowにインクを入れてあれこれ書いていたりしていた。そうすると、ペン先が太字なのが気になって仕方がない。もっと細字にならないものだろうか?
 そこで、会社に出入りしている札幌紙問屋(札幌で一等地で文房具店もやっている有名どころ)の営業に、細字のペン先に交換ができないか託してみた。すぐに返事が返ってきた。このペンはもう部品が無いので交換はできないと言う。ただ、ペン先調整なら出来るよ、という回答。より書き良くなる事を期待して、調整をお願いしてみた。お代は5000円。

 さてペン先調整から帰ってきた我がParker Arrow。さっそくインクを入れて使ってみたけれども、正直な所何も変わっていないように思える。調整と言っても劇的に良くなるなんて思っていなかったから、まあ、こんなもんなんだな、一寸は書きやすくなっているに違いないと、そのまま使っていた。

 大学時代みたいに頻繁に使っていないのですぐには気がつかなかったが、それから数ヶ月後だろうか、書いていると異常にインクが漏れる事にやっと気がついた。手がすぐにインクで汚れるのだ。ペン先と首軸の間からインクがにじみ出ている。ペン先全体がいつもインクで黒ずむくらいだ。
 そして一番の問題は、書いているとペン先がぐらついているのだ。最初はペン先がしなやかになったのかなと勘違いしていた。清掃の際にペン先を思い切って引っ張ってみると、なんといとも簡単に抜けるではないか。ペン先が首軸にしっかりと固定されていないのだ。ただ刺さっているだけ。も一度抜けたペン先をしっかりと、首軸に押し込んで使ってみると、一寸の間は元に戻ったように思えたのだが、しばらくするとインクがじっとりとにじみ出てくる。ペン先はぐらぐら。ペン調整に出して、何か大事な所を壊されてしまったようだだ。

 そんな事も有り、Parker Arrowは使えなくなってしまった。ペン先調整に出してすぐにだったらクレームをつける所だが、時間も経ってしまったのでそのまま放ったらかしにしていた。ああ、良くしようとして、かえってダメにしてしまった。

 時間が経てば人はすぐ都合の悪い事は忘れてしまうもんだ。そんなParker Arrowなんだけども、つい先日上手く使えばインクが漏れないんじゃないかな、自分で修理できるんじゃないかなと、諦め悪くまた使い始めてみた。
 というのも、今使っている万年筆はCaran d'AcheのRetroと言う奴なんだけど、これが重い。書き味はとてもすばらしく良いのだが、ステンレスのボディーは剛直、まるでライトセーバみたいだ。書きやすいのだが、この重みがどうも手にしっくりと来ないのだ。ペンキャップを軸に差すと、ペンの重心が上になり過ぎてペンに手が振り回される感じだ。しかも、2万円以上もするペンなのに、ペン先がスチール。やはり万年筆のペン先は金でなくっちゃ(日本人には万年筆のペン先は金じゃなきゃ信仰があるらしい。オレもそうだ)。

 そこで、再びParker Arrowを取り出してみたのだ。結果として、以前と同じ繰返し。インクが漏れて、ペン先はぐらぐらで非常に書き難い。でも、軽くて、軽快で、手にしっくりくるのだ。やっぱりこのペンが最高だなぁ。こうなりゃ、同じペンのデッドストック、中古品でも探そうと決めた。

 ネットで探すと残念ながら日本では発見できなかったが、eBayなら同じものから色違いまで、デッドストックから中古品まで種類多くでている。そんな商品を丹念に見ていると、パーツで売っている人がいる。ペン先だけ、首軸だけ、キャップだけ。そうだ、オレが必要なのはペン先と首軸が一緒になったもの。それだけ交換すれば、あとは元のまま。
 そうやって見て行くと、新品が見つかった。なんとたった3000円。しかも送料込み。それで元通りになる。即座に買いましたよ。

 1週間ほどして、読めないギリシャ文字の切手が貼ってある国際郵便が届いた。税関で中身チェックの為に開封した跡があった。てっきりアメリカの業者と思っていたのだが、なんと発送先はギリシャ。

 早速取り換えてみる。新品なんで、ちょっと古いパーツに組み込む時に抵抗があったが、首軸を軸に回し込んでみるとぴったり。当たり前か。キャップ嵌めると一寸キツイのも、新品のようできっちりとしていていい感じだ。なんだか新品のようだ。

 そんなわけで、30年愛用の万年筆が無事新品同様になって生き返った。ペン先の色を比べると、長年使用してきた古い方は何だか赤っぽく色あせている。金金に輝いていると思っていたけども、新品と比較するとあきらか。

 
 新旧のペン先を比べればあきらか。旧ペン先は明らかに首軸からでている部分が短い。おれがこのペンの修理を諦めて、交換する事を考えたのはこのことに気がついてから。ペン先にParkerと刻印してあるのだが、それが首軸のフードに隠れて見えないのだ。そんな見えない所に刻印するなんておかしいと思い、ネットでこのペンの画像を調べてみるとやはりはっきりと刻印が見えている。何かの部品が、たぶんペン先と首軸を固定する部品が紛失してしまい、そのためペン先がより深く首軸に入り込んでしまっている。

d0337302_11014684.jpg
上が復活したParker Arrowのペン先。下が壊されたペン先。首軸からでているペン先部分が短いのが明らか。

 万年筆だけに泉のようにインクが湧き出るようになってしまったオレの愛用万年筆だが、こうして再び万年使える用になった。

[PR]
by kararachan | 2018-02-15 11:06 | forward | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://karara.exblog.jp/tb/26474207
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< Cold as ice 「アボちゃんと決闘しなさい!」... >>