ハナノユメと今朝の夢

d0337302_17023548.jpg
 チャットモンチーの2人はオレの夢の中によく出て来てくれる常連さんだ。どうもオレの夢の中の斜里町の何処かに住んでいるらしい。こないだは斉藤由貴さんが初登場した。斉藤さんの長年のファンとして、初めて合う由貴さんに緊張して震えちゃったね。
 さて今日はそんな夢の話。今朝こんな夢を見た。

 家でくつろいでいると、玄関のベルが鳴るんで出ていってみた。そこにはなんと、20年前に一寸の間だけ付合った元彼女のN子が居るではないか。しかも彼女の姿はその20年前のまま、長靴にツナギの格好をしている。彼女は牛飼いだった。別れてもう20年。そして最後に街で偶然出くわしたのが10年前。
 そんな彼女がなんで突然オレの所に来るんだよ、きっと嫌なお願いでもしに来たんだろうと思って動揺していると、「こんどの町議会選挙に立候補したから、応援して欲しいの」と云ってオレにリーフレットを渡す。「ええ、それホント?」突然の事に対応出来ずおろおろしているオレ。「まだ沢山回らないきゃならないから、じゃあ」と云って素早く彼女は去って行った。N子は確か斜里を離れて、その後北海道も離れて、東北に渡ったらしいと風の噂で聞いたのだが。何でまだ斜里にいるんだよ、しかも町議に立候補したって、いったいどうなってんだ!

 そそくさと出ていったN子にあれこれ聞こうと、オレは追いかける。玄関を開けると、そこは賑やかな街中の通りで、車がゆるく往来していた。そうすると遠くからなんだか聞き覚えのある歌が大音量で流れてくる。「薄い紙で指を切って〜〜〜」と歌っていた。
 この曲は、チャットモンチーのハナノユメじゃないか! 何だいったい? と思っていると、オレの目の前に選挙カーがゆっくりと走ってくる。誰だろうと思ってその車を見ると、そこには「町議会議員候補 髙橋クミコン」と書いているではないか。え、クミコンが町議に立候補したの!? 目の前の車の上から手を振る候補者を仰いでみた。間違いなくそこには、高橋久美子がマイクを持って立っており、「髙橋クミコン、髙橋クミコンをお願い致します!」と連呼している。「声援ありがとうございます。髙橋クミコンを宜しくお願い致します」。オレはとっさに車にかけより、「クミコ〜ンガンバレー」と手を振っところで、オレは目を覚ました。

 オレの夢の中の斜里町の選挙、クミコンは当選したのだろうか? そしてN子は? この続きはいったいいつ見られる?
 オレの夢の中の斜里の出来事は、どんどん続いてゆく。


[PR]
by kararachan | 2018-04-23 17:00 | forward | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://karara.exblog.jp/tb/26700808
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< The war is over The JamのDig the... >>