何でも混ざって何が悪い! Anthraxはパンクだろうが、ラップだろうが何でも取り込むのだ

d0337302_10343653.jpg
 何でも混じって何が悪い。ロックは犬なんだよ。しかも雑種犬なんだよ.何でも混じっているんだ。そうだ、うちの犬(一応正統なラブラドール)なんか、純血犬のはずなのに、なんだかきつね見たいな顔をしているぞ。絶対に先祖にきつねが混じっている。さらにたぬきもだ。

 長らく渋谷陽一・ロッキンオンの洗脳下にあったので、「メタルは敵だ」がオレのロック生活の信条でもあった。なんだけども、もともとはパンクを好きになる前はヘビーメタル、ハードロックが好きだった。Iron MaidenだのDeep Purple、White Snake、Gilanなんかよく聞いていたよ。でも、サウンドストリートで、メタルは悪だ、ダサいなんて聞かされ続けていたら、転向しちゃうよな。そんな訳で、高校生の頃、周囲はヘビメタブームで、メタルファンばかり。洋楽聞いているヤツの大半は何奴もこいつも、Def LeppardやJudas Priest、SAXON、もちろんIron maidenに伴 俊作、、、じゃなかったVan Halenなんかのアルバムを小脇に抱えていたよ。オレ、パンク好きの仲間とつるんでいたので、そういうメタル好きの奴らをダッセーと小ばかにしていた。もともとはSex Pistols聴くよりも前にIron Maiden聴いていたくせにね。
 そういえば、この当時のメタル好きは、何故かJourneyとか産業ロックも愛聴していたな。だからなおさら馬鹿にしていた、オレは。
 面白いのは、何故かツッパリ君(といってもオレの高校は田舎の進学校だったので、なーんちゃってツッパリ君。見かけだけ)に限って、日本のメタルが好きだったりした。アースシェイカーとか、44マグナム、はたまたラウドネスとか。

 そんなオレだったが大学生の時に転機が訪れた。オレは昔から変なものが好きで、「ヘビーメタルバンドなのにラップをやっているバンドがある」なんて話を聞くと、それってどんな音なんだろうと氣になってしまう。なんかそういう型から外れてしまうものって、オレは引きつけられるんだよね。ロックって本来は自由なものだと思うし。
 そんな訳でメタルバンドなのにラップもやるって言う、Anthraxが氣になって氣になってしょうがなかった。でも、オレはパンク・ロック・ファン。ヘビーメタルなんか聴いたら、恥ずかしいなんて自分を縛っていたんだな。そんな事は誰も氣になんかしない。

Bring the noise / Anthrax
 
 そんなある日、学校帰りに立ち寄ったディスクユニオンで、思い切ってAnthraxの新譜「Persistence of Time 」を買っちゃたんだな。しかも中身を聴きもしないで。考えてみればこれが、人生で初めて買ったヘビーメタルのアルバムだったよ。1990年リリースの作品だ。

 まるで工事現場の何か工作器具が、フル回転で回っているようなノイズ、いやギターのリフから始まるこのアルバム。正直なところ、ハードコア・パンクなんか聴いていたオレとしては、違和感の無い音だ。もう冒頭から強制的に盛り上がります。ズンズンズンズン、まるで巨大なローラー車が街を非情に潰して平らに均して行くみたいな、この爽快感。このアルバムはよく聴いたね。おまけに最後の曲なんか、ハードコアパンクといえばこのバンド、Dischargeのカバーなんか入っている。パンクとメタルには垣根なんかなかったんだ。垣根はファンが作っているもんだって、この時思ったね。Anthraxは自由だ。ロックだと。
 でも、ハード・コアラ・パンダ仲間の後藤にはちょっと馬鹿にされた。え、それってヘビメタじゃん。だっせーって。

Got the time / Anthrax
 これはなんとJoe Jacksonの曲のカバー。最高のメタルナンバーに仕上げられていて、違和感なし。


Time / Anthrax

 アルバムは、全12曲(12曲目は日本版だけのボーナストラックで、Dischargeのカバー。原曲はパンクだが、全く違和感なし!)

1.Time
2.Blood
3.Keep It in the Family
4.In My World
5.Gridlock
6.Intro to Reality
7.Belly of the Beast
8.Got the Time
9.H8 Red
10.One Man Stands
11.Discharge
12.Protest and Survive


One man stand / Anthrax
 
 このアルバムで一番好きなのが、このOne man stand。このイントロが流れてきたら直立不動になっちゃって、ヘンドバンクに備えちゃうよな。この曲、当時中国の天安門事件でたった1人の男が戦車に立ちはだかり、その戦車を止めてしまうという出来事を歌った曲。たった1人でも、立ち上がればこれだけの事ができるんだという歌。メタルにしては非常に政治色が強く、ハードコアパンクの精神がここに生きている。まるでDischargeそのものだ。

 こんなことを切っ掛けに、その後オレの音楽趣味はどんどんジャンルにとらわれずごった煮になって行くんだな。そうその後のグランジムーブメントのバンドたちのように。

 結局のところ、Nirvana見たいなバンドは(やつらはオレと同世代だ)、パンクの洗礼、メタルの洗礼、ビートルズなんかの洗礼を同時に受けて育ってきた奴らだから、自然と全部がごっちゃになってしまう。だからNirvanaは基本パンクの音なのだが、ハードロック、ヘビーメタル風味が添加されていて、鼻歌で歌えるキャッチ―なメロディーなんて事になってしまっている。
 身の回りにいるパンクバリバリとかメタルバリバリのオッサンがいたらよく観察してみるといい。こっそりとメタル、パンクを聴いているから。
 
[PR]
by kararachan | 2018-05-12 10:41 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://karara.exblog.jp/tb/26775625
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 30年以上前の古雑誌の有効活用方 日本のロックの黎明期が記録され... >>